ベイザーのすべて HOME » ベイザーVS○○!脂肪吸引法を徹底比較 » ボディタイト

ボディタイト

こちらのページでは、ボディタイト脂肪吸引の特徴、メリット・デメリット、口コミについてまとめています。

ボディタイトの特徴と費用相場

ボディタイトは、高周波を照射し、その高周波の熱で脂肪を溶かし、吸引する方法です。高周波で液化した脂肪は、カニューレで簡単に除去できるため、出血や腫れなどのダウンタイムを大幅に抑えることができます。

また、高周波には皮膚を引き締める効果もあるので、たるみのない美しい仕上がりが期待できます。

ボディタイトは脂肪の付き方や部位によって費用が異なります。大体、両脚の太もも全体が70~90万円、腹部全体が60~80万円が相場となっています。

ボディタイトの体験談を紹介

  • どの方法にしようか迷いましたが、ボディタイトを受けました。施術後のダウンタイムがきつかったのですが、痩身効果は得られたので満足しています。
  • 知人がボディタイトを受けたとのことで、いろいろ話を聞きました。その方はお腹の施術を受けたのですが、傷跡も凸凹もなく、美しい仕上がりでした。しかし、以前と比べてそれほど変化があるようには感じず、痩身効果があったのかどうか判断できませんでした。

ボディタイトのメリットとデメリット

A子
脂肪を液化してから吸引するため、身体への負担を最小限に抑えられると聞いています。しかし、2~3週間のダウンタイムはあるとのことです。口コミでも施術後がきつかったとの声もありますし。

これなら、ベイザーの方がダウンタイムが短く済むのではないかと思いました。

 

B子
高周波の力を使うので、短時間の施術で終わり、身体への負担も少なそうです。しかし、口コミをチェックしたところ、目に見える効果がないとの声もあるので心配。

引き締め効果ならベイザー脂肪吸引の方が高いような気がします。

 
 

C子
身体への負担も少なく、皮膚の凸凹がない美しい仕上がりが期待できそうです。でも、ベイザーも皮膚のたるみや凸凹のない仕上がりが期待できます。

実績、施術費用やダウンタイムのことを考えたら、思い切ってベイザーを受けた方が効果が得られそうな気がします。

徹底検証!ベイザーのすべておすすめクリニックBEST5